ジャーナリストにフォーカス|ニュース系テレビラジオ番組

今週
9/21~9/27
今月
2020年9月
先週
9/14~9/20
先月
2020年8月
スマホサイト

CSIS - China's Influence in Japan 【Google日本語翻訳版】

序章

2018年以降、米中貿易戦争から生じた不確実性により、長年の2つのライバルと、世界で2番目と3番目に大きい経済国である中国と日本が、一時的にその違いを回避せざるを得なくなりました。その目的のために、彼らは関係において実用的な「戦術的拘束」または「新たな始まり」を追求し、貿易、観光、および外交における共通の利益を強調した。東京のビジネスに優しい協会や当局も、この方向性を国内に押し進めました。その結果は、中国を悪意のある影響から守りながら中国経済から経済的利益を引き出すことを目的とする、北京に対する微妙なヘッジ戦略でした。中国の指導者である習近平が予定していた2020年春の日本訪問(後でCovid-19により延期)は、関係の改善を定義する「第5の政治文書」を作成するための潜在的なリトマス試験でした。中国のグローバルなプロパガンダの目的に沿って、北京はその文書を使用して、グローバルなリーダーシップと野心的な経済プロジェクトをさらに正当化することを目指していました。 [1] Xiの下で、中国共産党(CCP)は、野心的なBelt and Road Initiative(BRI)を含むグローバルな影響力のキャンペーンに着手しました。これは、CCPのイメージを強化して、グローバルな政治を混乱させ、世界の「大国」に中国を置くことを目指しています。 。」歴史的な地政学的ライバルである日本での中国の影響力活動から何を作ることができるでしょうか?この誘導的なプロジェクトは、さまざまな民主主義が外国の影響活動をどのように扱ったかを理解しようとした。それは、(他の多くの研究が行うように)「供給」側や外国の影響の生産ではなく、「需要」側や外国の影響の消費に注目することによって行われます。さらに、CCP、国としての中国、中国国家の間で区別がなされるべきです。中国共産党は中国国民を代表していると主張しているが、2つの組織を混同すべきではない。しかし、この研究では、影響の「需要」側を調べるために、3つの用語はそれほど明確ではなく、一般的に日本の中国に対する態度を反映しています。 CCPの影響に対する日本の弾力性は、中国との包括的な関係に包まれています。
1.永井沖、「北京は日中関係のための新しい政治文書を準備する」、日経アジアレビュー、2018年8月12日、https://asia.nikkei.com/Politics/International-relations/Beijing-readies-new-political -ドキュメント-中国-日本-関係。
このプロジェクトについて2年間(2018年から2019年)にわたってインタビューを受けた約40人の専門家のコンセンサスは、日本への中国の影響は他の民主主義と比較して限られたままであると自信を持って、そして誇りを持って述べました。 「影響力」とは、日本の専門家が理解しているように、中国政府または政府関連団体による、CCPの好意で日本の見解と行動を形成するための取り組みを意味します。 [2] この発見は、フーバー研究所、ハドソン研究所、ジェームズタウン財団などによる最近の報告と一致しています。 [3] しかし、この論文は別のことをします。それはなぜ日本でCCPの影響が制限されているのかを答えようとするものです。このレポートでは、基本的な要因、日本の対応、および同様の問題に取り組んでいる他の国のための可能なレッスンを探ります。他の裕福な民主主義とは異なり、日本は一般に、自由民主主義の美徳と赤字のために、その巨大な隣国である中国からの影響活動に抵抗してきました。これには、厳格なキャンペーンファイナンスルール、外国人を犠牲にして国内産業を支持する規制、同質の人口、政治的に無関心な国民、政治的安定、外国の影響からの比較的歴史的な孤立、「寡占」メディアの状況、中国に対する人気の疑惑が含まれます。日本に旅行する人は誰でも、日本における中国の政治的影響力は空気のようであることを知っています。それはどこにでもありますが、特にどこにもありません。 [4] 上智大学の中野浩一氏は次のように述べています。「中国の影響力は他の場所に比べて微妙なので、これは難しいトピックです。中国の影響力は日本に永遠にあるため、目に見えないか、新しいものではありません。それはあなたの顔ではありません。 。 。多分それは中国が日本を開発への足がかりとして見て、そしてもはやそれを必要としなくなったからです。」日本における中国の文化的影響は至る所にあります。言語、芸術、料理、文学、建築、音楽、法律、哲学に浸透しています。戦争、侵略、ライバル関係を含む2千年にわたる激しい日中関係(二国間関係の文書は西暦57年までさかのぼります)の後、日本社会は中国と共存することに慣れていますが、必ずしも一緒ではありません。国は中国の政治戦争に比較的進入できないことが証明されています。 [5] さらに、中国はその影響力活動について日本の国民からの反発のリスクを冒しています。 Covid-19危機における中国の役割に対する世界的な反応、隠蔽の試み、信用を取り、非難を回避する宣伝キャンペーンは、CCPの干渉に対する世界的な意識が高まるにつれて、そのような反発がますますグローバルな規範になる可能性があることを示唆しています。
2.密接な概念は「政治戦争」であり、アメリカの外交官であるジョージケナンは1948年に「国の目的を達成するために、戦争のない国の指揮下であらゆる手段を採用する」と定義しました。そのような操作は明白であり、また秘密です。それらは、政治的同盟、経済的措置、「白人」の宣伝などの明白な行動から、「友好的な」外国の要素の秘密裏の支援、「黒人」の心理戦争、さらには敵対的な国家における地下抵抗の奨励などの隠れた活動にまで及びます。」 「269。米国国務省歴史局、1948年5月4日、https://history.state.gov/historicaldocuments/frus1945-50Intel/d269。
3.ラリーダイアモンドとオービルシェル編、中国の影響力とアメリカの利益:建設的な警戒の促進(ワシントンDC:フーバー研究所、2018年11月29日)、https://www.hoover.org/research/chinas-influence-アメリカの利益促進、建設的警戒;エリックレスラー、「情報戦争:米国と日本における中国の影響力の共産党」ハドソン研究所、2018年8月29日、https://www.carnegie-council.org/publications/articles_papers_reports/information-warfare-中国と中国の影響力の共産党-私たちと日本での活動;およびラッセル・シャオ、「日本におけるCCPの影響業務の予備調査:中国ブリーフ」、ジェームズタウン財団、中国ブリーフ19、no。 2019年6月26日、https://jamestown.org/program/a-preliminary-survey-of-ccp-influence-operations-in-japan/。
4.著者はこの表現を提案し、日本のインタビュー対象者がそれが正確であることに同意したことを発見しました。
5.著者は、マイケルイグナティエフとのボスニアへの2014年の調査旅行でこの表現について学びました。そこでは、国のさまざまな民族が彼らの脆弱な関係を説明するためにそれを使用しました。プロジェクトに関するイグナティエフの本「普通の美徳:分割された世界での道徳的秩序(ケンブリッジ、マサチューセッツ:ハーバード大学出版局、2017)、111を参照。
 

サイトマップ